「暮らしの変化に合わせて、
永く大切にお使いいただきたい」


OURHOMEがものづくりで大切にしていることのひとつです。

子どもが小さなころにおもちゃ収納に使った「オープンボックス」が、
小学生になればランドセルラックに。
子ども部屋で使い…巣立つときには一人暮らしの家具として持っていく。

・使いまわせるシンプルな『デザイン』
・永く使える『丁寧なものづくり』
・経年変化をたのしめる『国産ひのき』


そんな「国産ひのきの家具シリーズ」をご用意しました。

岡山県・西粟倉村

「国産ひのきの家具シリーズ」はすべて、岡山県の西粟倉村という人口1,500人の小さな村にある「西粟倉・森の学校」で作っています。
国産のひのきや杉を中心とした材木屋さんで、働くスタッフの半分以上は女性。働くママもたくさん!
フローリングを作るときの合言葉は「赤ちゃんがハイハイしても怪我をしない床」
実際にお使いいただくお客さまのことを考えた、丁寧なものづくりをしています。

2019年8月にOURHOMEが西粟倉村に研修へ。
Emiブログ「人が育てる森、そこから生まれる家具」はこちらから

「使いやすさ」にこだわって

 「どれくらいの高さだと本が取り出しやすいかな〜?」
「角の丸みはどれくらいつける?」

OURHOMEと森の学校で、「使いやすさ」にこだわって、細かなところまで相談しながらものづくりを進めています。

組み合わせて使える

組み合わせてお使いいただけるように、それぞれの高さや奥行きを考えてお作りしました。
「オープンボックス」の上には「絵本ラック/ワイド」がひとつ。もしくは「絵本ラック/ハーフ」がふたつをのせるとぴったりに。
「オープンボックス」2台を重ねると、「ひのきの机/ハイタイプ」と同じ高さ。